認定理学療法士試験お疲れさまでした!!

目次

認定理学療法士試験が終わりました!

本日、認定理学療法士試験受験してきました。

多くの方に、励ましていただき、何とかこの日を迎え、受験することができたのだと思います。

受験前にはTwitterやコメントで応援していただいたり、受験後にはお互いに健闘をたたえ合うという、今までに体験したことのない喜びがありました。皆さん、本当にありがとうございました。

肝心の試験の出来栄えに関しては、運動器、脳卒中、共通の順でできがよかったと思います。

運動器は、すらすら解けたのでおそらく大丈夫?(まだ自己採点していないのでわかりませんが・・・)脳卒中もそんなに時間をかけずに解けたのでなんとか・・・(しかし、わからないものもありました)共通は、あまり自身がありませんでした。

試験問題を解いた感じと、勉強方法などはあとで整理しておきたいなと思います。

認定理学療法士試験を振り返って

認定理学療法士に求められている能力、知識、技能に関しては、徐々に上がってきている印象です。

職場のリーダー、管理者を想定しているのでしょうか。

資料にも理学療法の質や職場の安全などについてマネジメントでき、実行できる者を想定しているようです。

合格率も去年は64%程度だったようなので意外と難易度は高い試験だと思います。

指定研修の資料にも、認定理学療法士は職場の質や安全などについてマネジメントできることが求められるとあると思います。

結局、認定理学療法士になるかどうかよりも、それに向けて学んだり、考えてきたことが武器になると思いますので、結果に一喜一憂せず、日々学びどのように活かしていくか模索していこうと思います。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる