MENU
2020.4.14~はてなブログから引っ越し中(youtube更新・自己紹介記事修正)更新情報はこちら

『成果』と『医療費削減』-今後理学療法士に求められること-

2019 1/25
『成果』と『医療費削減』-今後理学療法士に求められること-
目次

この記事を読んでほしい方

  • すでに理学療法士で働いている方
  • これから理学療法士になる方
  • 病院で勤めている理学療法士の方

病院勤務の現状

  • 近年診療報酬改定により、医療費がどんどん削られてきている
  • 医療費の減少により1セラピストあたりの1日の稼げる金額は徐々に減少している。
  • 理学療法士が頑張っていても、病院の収益は減少してしまう
  • 1人のセラピストに払う給料を今までと同じ量で出すのであれば、別の場所で病院の収益を上げなければ、以前より病院全体の収益は減少してしまいます。
  • 回復期病院では、実績指数が導入され、ある程度の数値的な成果を出すことが求められている
  • 復期病院では、実施単位(リハビリ実施20分を1単位とする)を増やし、収益を増やす方法で対応してきた。
  • スタッフの負担や患者様のリハビリの必要性などを加味すると、限界が存在する
  • リハビリの量が多い病院をランキングして、多くやっているところが良いというような風潮があった
今後の理学療法
  • 今後は、今の時代の流れからして、医療費を削減し、必要最低限での効果のあるリハビリを影響するいわば質を求めることが重要視されてくると思います。
  • 必要以上に1患者あたりのリハビリを増やすのではなく、効果の出せる時期はしっかりやって、退院時までには退院後を想定しリハビリの量を減らすような対応をとっていくことが必要になると思います。
  • 今後のことを考え、今のうちから少ない単位で効果を出せるリハビリセンターの対応を検討していく必要があるともいます。自主練習や院内デイサービス(地域包括ケア病棟)などの考えも参考になります。

今後の動向に応じてリハビリ部門としてどう行動していくべきか考えることが重要になります。

一方、来年度から働き方改革がスタートするに伴い、残業、残務などを極力減らすようにとの指示があります。どこの会社でもそうかもしれませんが、すでに忙しい状態から、有休をとるために休みを出すとなれば、今までより休みが増え、1日あたりのやることが増え、回らなくなってしまいます。

そうならないために、いろいろ対策があると思いますが、根本的にはやはり業務効率化を今まで以上に加速することが求められます。今まで当たり前に行ってきたことに対しても、本当にやる必要があるのか?もう一度吟味し、やらなくていいものをなくしたり、より効率的に行う方法についてよく考えることが求められています。

理学療法士に求められること

医療費削減問題と働き方改革に関する視点から、今の病院の現状を整理しました。

そうすると理学療法士として今後何が求められるでしょうか。

早期退院、質の高いリハビリの提供ができるマネジメント能力

少ない単位で、医療コストを最小限としても、動作能力の向上を図れ、なおかつ早期に退院させることができることです。入院時から計画的に、理学療法を施行し、同時に退院へ向けた連携・調整を他職種と連携して行える主体的なセラピストが求められると思います。

②業務効率が良く、時間内に仕事を終えられる能力

働き方改革により残業を減らす動きは加速します。なるべく残業にならず、残務にもならないためには、高速で仕事を終えられ、なおかつ一定の成果を出せる人材が求められます。そして、そういった人材を育成できる教育的視点と、組織のシステムを根底から見直せる広い視野を持った人材が求められると思います。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!