MENU
2020.4.14~はてなブログから引っ越し中(youtube更新・自己紹介記事修正)更新情報はこちら

「報連相」と「おひたし」は上司がしっかり理解しておくことが重要

2019 11/02
「報連相」と「おひたし」は上司がしっかり理解しておくことが重要
目次

報連相とは?

報連相は、報告、連絡、相談であり、もともとは、上司や部下の垣根なしに、風通しの良い職場環境を作ろうというスローガンのようなものです。

本来は、上司ベースでこういった雰囲気、風土を作ろうというのが重要であるというのが本来の意味です。

現在は、その意味が異なる捉え方をされるようになり、部下が上司へ向けて、報告、連絡、相談を徹底するようにと、部下ベースで言われるようになっているのが現状です。

報連相は一般的な社会人の常識と考えられている風潮があります。

おひたしとは?

ほうれんそうは古いという記事はネット上に沢山存在しております。

おひたしはそれぞれの頭文字をとっており

お:怒らない

ひ:否定しない

た:助ける(困っていれば)

し:支持する

です。

これは上司が意識することで、報連相を促しやすい状況をつくれるというものです。

おひたしを実施することで、実施前よりも明らかに部下からの報連相は増加しているのを実感しています。

報連相とおひたしまとめ

報連相とおひたしの意味が理解できたかと思います。

部下側の立場としては、なるべく、上司に報連相を実施していくことが重要であることは言うまでもありませんが、上司から部下へ報連相をしろというのは、ちょっと違うのかと思います。

部下へは報連相の重要性を理解してもらうことと同時に、上司としてはおひたしを意識し、報連相が行いやすい状況を作ることが重要であると考えています。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる