Apple watchバンドの紹介-手首の手洗い可・医療職へおすすめ-

目次

Apple Watchは医療現場で使えるのか

新人Bのアイコン画像新人B

Apple watchを使っていますが、医療職だと手洗いの時手首を洗うべきですよね。なので、腕時計は付け外しが面倒なんですよね。

新人Aのアイコン画像新人A

僕のところは腕時計がそもそもだめで、感染対策としても問題があると言われてしまっています。

澁澤のアイコン画像澁澤

医療職にとって、時間の確認、ストップウォッチ、タイマーなどの機能があると便利で、時計も必要ですよね。でも、職場によっていろいろ制約があります。今回は、Apple Watchを医療現場で使う際に、おすすめなバンドがありますので紹介したいと思います。

結論、病院にもよりますが、使えると思います。

早速おすすめのバンドを紹介

上記問題点をもう一度整理します。

  • 医療現場では、腕時計禁止の場合がある
  • 医療現場では、手洗いが重要であり、その際手首まで洗うことが必要である

そこで、この問題に対応を解決したのがこちら

私が使用しているのは右から3つ目のものです。
Vancle コンパチブル Apple Watch バンド 38mm 40mm 42mm 44mm ナイロンスポーツループバンド iWatch Series4/3/2/1に対応 (42mm/44mm, 04 ケープブルー)

色も豊富で、軽く、つけ外しも簡単で、使い勝手は非常に良いです。

手洗い時の利点

手洗い時にこのバンドでは、フックループファスナーが役立ちます。

これにより手首のどの位置にでもバンド位置を調整可能となります。

実際に腕に装着するとこんな感じです。

フックループファスナーを緩ませ、位置を変えて止めるだけなので瞬時に変えられます。

腕時計禁止に対する利点

最近COVIT-19の影響もあり、臨床中に腕につけることをやめました。その場合ケーシーにもよりますが、どこか取り付けられる場所にバンドを付けて起きます。よくやっている人が周りにいると思います。

このバンドでの利点は、ループの長さを自由に調整できる点です。

私は長めに調整いておくことで、ケーシーに付けたまま、AppleWatchを操作できます。

衛生面

汗などについては、吸ってしまう可能性がありますので定期的に洗うことがおすすめです。水洗い可能です。今の所不具合はないです。

コスパ

純正品=税込み6000円以上に比べ、800円前後で購入可能ですのでコスパは最高です。

一年間の保証もついています。

まとめ

医療現場において、AppleWatchの活用は便利です。私は、特にNOZBEというアプリのAppleWatch版を使っており、今日のタスクをAppleWatchで確認できるようにしています。なので、医療現場でも問題なくAppleWatchが使えるこのバンドは非常に重宝しています。値段が安いので、気になる方はご購入を検討していただけると良いかと思います。

アマゾン購入

私はこちらのケースと併用しています

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる